トップページPRネタに活用できる!メディア関心ゴトカレンダー 11月編

最終更新日

20201023

PRネタに活用できる!メディア関心ゴトカレンダー 11月編

#メディア

イベント事などは比較的落ち着いている11月ですが、PRネタとして活用できるような季節ネタ等は、意外にも豊富に存在しています。

今回は、メディアアプローチ用資料についてはもちろん、プレスリリースとしても発信できるような情報開発のヒントにもなる11月の話題をご紹介します。

 

大イベントのない11月…PRに使える”11月ならではの話題”を整理!

11月の歳時行事・時節ネタって?

メディアが情報の取り上げを検討する際には、”なぜ今なのか”という点を非常に重視します。

メディアから目を引く話題づくりを行うためには、月ごとのイベント事や記念日などを常に意識し、

季節感や時流を取り入れたコンテンツ開発や情報発信を行っていくことが大切です。

まずは、PRネタとして活用できる11月の歳時行事・時節ネタをピックアップしてご紹介します。

 

・文化の日(11月3日)

・七五三(11月15日)

・ボジョレー・ヌーヴォー解禁(11月19日※2020年)

・勤労感謝の日(11月23日)

・紅葉

・インフルエンザの流行開始

 

文化の日(11月3日)

11月は「文化の日」が制定されていることもあり、メディアでもいわゆる“芸術の秋“に関連した情報を取り上げる機会が増えます。美術や音楽などの文化的な話題については、文化の日をフックに情報開発やメディアへのアプローチができるでしょう。

 

七五三(11月15日)

七五三は、男子は3歳と5歳、女子は3歳と7歳にあたる年のタイミングにおいて行われる、子供の成長を祝う行事です。七五三シーズンでは祖父母や両親から子供に向けてお祝いの品を贈る機会も増えるため、子供向けの玩具や衣服など、ギフト商材にメディアからも注目が集まります。

「七五三お祝いの特別キャンペーン」など、七五三にフォーカスした施策の検討もできそうです。

 

ボジョレー・ヌーヴォー解禁(11月19日)

ボジョレー・ヌーヴォーとは、フランス・ブルゴーニュ地方のボジョレー地区にて、その年に収穫したぶどうを醸造してつくった赤ワインの新酒のことを指します。解禁日の11月第3木曜日を世界各地のワイン愛好家が待ちわびることが毎年恒例の行事となっています。

今年の解禁日は11月19日ですが、当日をメインにメディアでもボジョレー・ヌーヴォーを取り扱う飲食店・小売り店や、ワインに合うおつまみなど、ワイン関連の話題がホットになります。

 

勤労感謝の日(11月23日)

勤労を尊び互いに感謝を表すことを目的とする勤労感謝の日には、「働き方」など、労働に関する話題を取り上げるメディアも多く見られます。最近では、てづくりアロマのワークショップやマッサージの割引など、労働者をねぎらうようなイベントやキャンペーンの開催も各地で見受けられます。

ファミリー層では感謝の気持ちを込めて互いにギフトを贈り合うような家庭もあるため、勤労感謝の日に向けてリラックスグッズなどのギフト情報について、発信強化を行っていくのも良いでしょう。

 

紅葉

9月~12月にかけて各地で見られる紅葉ですが、関東地方では11月上旬~12月上旬が見頃とされています。紅葉が見られるようになると一気に秋ムードが加速するため、紅葉スポットの紹介はもちろん、秋の味覚など、季節感ある話題がメディアでも多数取り上げられるようになります。

新型コロナウイルスの状況もありますので、4月のお花見と同様、「おうちで紅葉狩り」の切り口も話題となるかもしれません。

 

インフルエンザの流行開始

インフルエンザ流行のピークは1月~2月とされていますが、11月下旬頃から徐々に感染者数が増加するため、感染予防対策は11月頃からしっかりと行っておく必要があります。

今冬では新型コロナウイルスとインフルエンザが同時に流行することも考えられるため、例年に比べても感染予防対策について、より敏感な時世となる可能性も十分にあります。

ウイルス対策や感染予防法について一度はメディアでの取り上げも落ち着いている段階かと思いますが、今一度情報の整理やアップデート等、行っておくと良いでしょう。

 

11月の「記念日カレンダー」

前項では歳時行事や時節ネタをご紹介しましたが、本項では11月中の「記念日」をまとめてご紹介します。

まだあまり知名度が高くなくてもPRネタに活用できるような記念日も多数あるため、自社商品やサービスとの親和性を意識しながら、毎月チェックしておきましょう。

「今日はなんの日?」といった文脈で定期的に記念日について取り上げるメディアも存在するため、メディア研究の際にはぜひ着目してみてください。

 

1日

点字の日、泡盛の日、本格焼酎の日、紅茶の日、玄米茶の日、すしの日、犬の日、カーペットの日、

計量記念日、川の恵みの日、灯台記念日、自衛隊記念日

2日

キッチン・バスの日、タイツの日、書道の日、博物館デー

3日

文化の日、文具の日、みかんの日、サンドイッチの日、ハンカチーフの日、いいお産の日、

ゴジラの日、まんがの日

4日

ユネスコ憲章記念日

5日

いいりんごの日、電報の日、雑誌広告の日、世界津波の日、縁結びの日

6日

アパート記念日、お見合い記念日

7日

知恵の日、鍋の日、ココアの日※1、ウェルカム・ウィンター・デー(あられ・おせんべいの日)※2、

8日

いい歯の日、刃物の日、レントゲンの日、ボイラーデー、世界都市計画の日、いいパックの日(8.9日)

9日

換気の日、119番の日、太陽暦採用記念日、いいパックの日(8.9日)

10日

エレベーターの日、技能の日、トイレの日 いい手の日・ハンドクリームの日、肢体不自由児愛護の日、

かりんとうの日

11日

麺の日、ポッキー&プリッツの日、世界平和記念日、折り紙の日、恋人たちの日、靴下の日、

ジュエリーデー、西陣の日、電池の日、配線器具の日、サッカーの日、ピーナッツの日、チーズの日、

鮭の日、もやしの日、きりたんぽの日、コピーライターの日、煙突の日、磁気の日

12日

洋服記念日、皮膚の日

13日

うるしの日、、茨城県民の日、いいひざの日

14日

アンチエイジングの日、埼玉県民の日、ウーマンリブの日、パチンコの日、いい石の日、

盛人(せいじん)の日

15日

七五三、きものの日、かまぼこの日、生コンクリート記念日、 昆布の日、家族の日※3

16日

幼稚園記念日、いいいろ塗装の日、いいいろの日、録音文化の日、国際寛容デー

17日

レンコンの日、将棋の日

18日

土木の日、いい家の日、音楽著作権の日、森とふるさとの日

19日

ボジョレーヌーボー解禁日※4、世界トイレデー、農協記念日、鉄道電化の日、緑のおばさんの日

20日

いい乾物の日、山梨県民の日、世界子どもの日、毛皮の日、ピザの日、ホテルの日

21日

フライドチキンの日、インターネット記念日、世界テレビ・デー

22日

ふるさと誕生日(和歌山県)、回転寿司記念日、ボタンの日、いい夫婦の日、大工さんの日、長野県りんごの日

23日

勤労感謝の日、手袋の日、外食の日、ゲームの日、Jリーグの日、いい兄さんの日、いいふみの日

24日

鰹節の日、進化の日、オペラ記念日

25日

OLの日、ハイビジョンの日

26日

ペンの日、いい風呂の日

27日

ノーベル賞制定記念日、更生保護記念日

28日

太平洋記念日、税関記念日 

29日

いい服の日、いい肉の日

30日

本みりんの日、絵本の日、鏡の日、オートフォーカスカメラの日、シルバーラブの日

 

※1 毎年立冬の日

※2 毎年立冬の日

※3 毎年第3日曜日

※4 毎年11月第3木曜日

 

記念日カレンダー参考)

https://www.sasagawa-brand.co.jp/popworld/calender/cal_m_11.html

 

PRに活用できる記念日をピックアップ!

上記の記念日カレンダーを踏まえ、今後PRに活用できそうな記念日をピックアップしてご紹介します。

 

食べ物に関連する記念日

毎月、語呂合わせや起源などを由来とする、食べ物に関連する記念日が多数存在します。

11月の食べ物関連の記念日は以下の通りです。

泡盛の日、本格焼酎の日、紅茶の日、玄米茶の日、すしの日、食い道楽の日、

みかんの日、サンドイッチの日、いいりんごの日、ココアの日、あられ・おせんべいの日、麺の日、

ポッキー&プリッツの日、ピーナッツの日、チーズの日、鮭の日、もやしの日、きりたんぽの日、かりんとうの日、さつまいもの日、かまぼこの日、昆布の日、レンコンの日、ボジョレーヌーボー解禁日、ピザの日、

フライドチキンの日、長野県りんごの日、外食の日、鰹節の日、いい肉の日、本みりんの日

11月中だけでも31個の食べ物関連の記念日がありました。

自社にて該当する商材の取り扱いがある場合には、その商材にフューチャーした企画の実施など検討してみてはいかがでしょうか。新型コロナウイルスの影響でおうちごはん中心の生活を送る方も増えているため、自宅で楽しめるグルメ・レシピ関連情報にも例年以上に注目が集まりそうです。

 

カップル・夫婦をターゲットにできる記念日

11月は、世間的にも知名度の高い22日「いい夫婦の日」に加え、5日「縁結びの日」、6日「お見合い記念日」、11日「恋人たちの日」など、カップルや夫婦に関連する記念日が多くあります。

今年度の夫婦の日は日曜日ということもあり、ご夫婦で楽しめるスポットなどにも注目が集まりそうです。

ご夫婦様限定での割引やプレゼントキャンペーンなど、記念日をフックにした販促企画も検討できるでしょう。

 

このように、歳時行事や時節ネタを意識したうえで情報開発・発信を行うことで、メディアに向けて”今取り上げるべき理由”を提示することができます。

大きなイベントごとがない月であっても、季節ネタや記念日など、PRに活かせるような事柄にぜひ着目してみてください!

同じカテゴリーの記事