トップページテレビCM PRとは?知っておくと役に立つテレビ CM PRの手法とそのコツ

最終更新日

20210730

テレビCM PRとは?知っておくと役に立つテレビ CM PRの手法とそのコツ

#広報

テレビCM PRは、テレビCMの費用対効果を最大化するためのPR活動です。本記事では、知っておくと役に立つ手法と、テレビCM PRを成功させるためのキーポイントをご紹介します。

テレビCMをPRすべき理由

・テレビCMの費用対効果を最大化できる

PRの手法を取ることで、テレビの情報番組をはじめ、新聞や雑誌、WEBメディアなど多様なメディアでの露出獲得を見込めるので、情報が拡散される可能性が高まり、広告出稿のみの場合と比較すると、効率よくアプローチ層やリーチを拡大できます。

・テレビCM枠以外での露出が期待できる

テレビの情報番組や、その他のメディアで紹介される場合は、通常のCM枠のような広告としての露出ではなく、番組内の情報コンテンツとしての露出となるので、より消費者を引き付けることができます。また、商品・サービスや企業自体のポジティブな認知向上に繋がります。

・プラスαの情報を活用し、消費者にテレビCMを印象付けることができる

テレビCM撮影時に、PRで活用できるCM内容以外のプラスαの情報を準備します。その情報を発信することで、消費者にテレビCM以外のポジティブなイメージの印象付けが可能です。プラスαの情報は、CM撮影時のエピソードや、出演タレントのコメント、メイキング映像を指します。

テレビCMを掲載・放送するメディアとは

・テレビ

テレビでは情報番組にて露出獲得の可能性が高いです。一般的には、CM本編映像とメイキング、その他の素材を編集したものがニュースとして放送されます。

・新聞

新聞は、スポーツ紙での露出獲得の可能性が高いです。例えば、テレビCMにタレントが出演する場合には芸能面、スポーツ選手が出演する場合にはスポーツ面などで 掲載されることもあります。スポーツ紙にて大きく扱われた場合、情報番組内の新聞読みコーナー(新聞紙面のパネルをキャスターが読み上げるコーナー)で取り上げられる可能性もあります。そのため、事前にスポーツ紙に広告を仕込み、確実に取り上げられる場合には、テレビ番組へのアプローチに使用することもできます。

・雑誌

雑誌では、CM情報のコーナーがあるテレビ情報誌や、商材によっては専門誌に掲載されることもあります。発行日時点で放映されているものや、広い地域で放映されているテレビCMが好まれる傾向があります。

・WEB

タレントが出演する場合は、エンタメ系メディアに露出します。また、商材と親和性の高いメディアにも露出する可能性があります。最近では、テキストでの記事化だけでなく、YouTubeのチャンネルをもつエンタメ系のメディアも増えており、動画素材の共有ができるようにすることで、さらに掲載を増やすことができます。なお、タレントによりWEBでの動画掲載の可否が変わる場合もありますので、各所確認を怠らないことも必要です。

テレビCMのプレスリリースの書き方

・テレビCMの情報は正確に明記する(情報解禁日、公開日時、出演者の情報、CM概要…)

リリースに正確な情報を記載することは当たり前のことですが、特にテレビCM PRは、新CM情報を事前にメディアに配布するので、「情報解禁日」、「公開日時」の情報が煩雑にならないよう気を付けなければなりません。「情報解禁日」の設定は、朝帯のテレビでの放映や、新聞朝刊での掲載を見込み、時間や日時の設定をしましょう。画像や動画の素材提供の際には、場合によってはクレジットの明記も必要になるので事前に各所確認をしておき、リリースに明記するといいでしょう。そのほか、「出演者の情報」、「CM概要」はメディアが記事に引用する情報となるので、必ず正しい情報を記載するようにしましょう。魅力的なテレビCMであることを伝えるのが、リリースの役目です。事実を記載することはもちろん、消費者が見たいと思うポイントを目立つように記載することがPRのポイントです。

・テレビCMの内容は、具体的に記載する

リリースはメディアが記事を書くための素材になるので、CM本編の様子は可能な限り具体的に記載するとよいでしょう。また、メディアフックとなるような、出演者の”初”ネタや、撮影時のエピソード、出演者のコメントなど、CM本編の様子に加えて情報提供できると掲載確度が各段にアップします。出演者からのコメントは、商材を絡めたコメントを頂けると、商材の効率的なPRに繋がります。

・テレビCMのカットデータを準備する

WEBメディアの場合、サムネイルや記事内にも画像を使用するので、CMのカットデータは必要な素材です。CMや出演タレントの様子が分かるカットデータは必ず準備しておきましょう。具体的には、タレントの表情がよいものや、印象的なシーン、商材の使用シーンが分かるもの、さらには、画像を見ただけでCMを想起出来るようなカットデータを準備するとよいでしょう。

テレビCM PRを成功させるキーポイント

・CM本編以外の素材を充実させる

メディアがCM情報をニュースに取り上げやすくする素材として、CM撮影時のメイキング映像や、撮影時のエピソード、スペシャルインタビューなどを準備しましょう。CM本編以外の素材をメディアに提供することで、テレビでの露出確度が上がるだけでなく、YouTubeチャンネルを持ったWEBメディアにて使用されることもあります。出演者の普段見られないオフショットや、CMでは分からない撮影時のエピソードは、ニュース価値がありメディアが記事に使いたくなる素材です。記事内容を充実させる素材になるので情報提供ができるよう積極的に取り入れるとよいです。尚、テレビに素材を提供する際は、高画質なデータを準備し、白素材を用意するなど、番組サイドが編集しやすい素材を必ずそろえる必要があります。

・メディアバリューのあるタレントの出演はマスト

メディアは、消費者が注目する今旬なタレントを積極的に取り上げます。今旬タレントを起用することは、エンタメ枠のあるメディアでの掲載を獲得するチャンスチャンスに繋がります。タレントのキャスティングの際は、メディアバリューのあるタレントを起用できるよう調整するとよいでしょう。

・メディアのことを考えて映像素材を文字化

メディア側の作業負担の軽減のためにも、映像素材は文字化するとよいでしょう。具体的には、CM内での台詞の書き起こしや、インタビューを行った際にはインタビューの内容を書き起こしておくと、正確な情報をお伝えできるだけでなく、露出の確度も各段に高まります。また、メディアへの素材提供のほかに新CM発表会の実施や、そのあとに個別取材の場を設けることで、露出の機会を増やす手法もあります。

・CMオンエア前にプロモート活動を行う

テレビやスポーツ紙に対しては、世の中に情報が出る前に素材提供をしましょう。オンエアされた後のCM情報は、新鮮さに欠けるので、ニュースとしての価値が下がります。WEBのメディアについても、情報解禁時に記事が掲載されることも多い為、情報解禁のタイミングまでに余裕を持って、情報を提供すると良いです。いずれにしても、オンエア日から逆算し、プロモートの期間も鑑みて、リリース配信のスケジューリングをするとよいでしょう。このように、事前にメディアへCM情報の提供を行い、計画的にプロモートをすると掲載確度が高まるので必ず実施してください。

同じカテゴリーの記事